古本買取で少しでも高く買い取ってもらうには

本が好きでついついすぐ買ってしまうけれどもう置き場所がもうない…と思ったとき、思いつくことはほぼ2つに絞られるでしょう。1つめは捨ててしまうこと。2つめは古本買取をしてもらうことです。この2つめの古本買取をしてもらうことに関して、わざわざガソリン代をかけてまでいく必要はない、だとか、めんどくさいから捨ててしまう、という意見がありそうですが、それは間違いです。古本買取はうまくいけば自分が思っていたよりも高く買い取ってもらえたりすることもあります。

今回は、どうやって少しでも本を高く買い取ってもらえるのかをお教えしたいと思います。まず、そのお店に行ったり、ホームページを見てみましょう。高額買取商品のお知らせがあると思います。高額買取商品になるのは主に最近出た本、映画などの映像化によって脚光を浴びた本です。まず前者ですが、これはいうまでもなく、新しい本は誰もが安く手に入れたいと思っているので、店側も欲するのです。読み終わった本はまだ読むかもしれないからと置いておくのではなく、できるだけ早めに売ってしまうことがお勧めです。後者は、運によって左右されやすいですが、だいぶ昔の小説や漫画でも映像化されることがあり、その原作が注目を浴びることがあります。そこを狙って本をその時までに保存しておき、一気に売るという手段です。どのタイミングで売ればいいかは、売っていくうちにだいたいわかってきます。

株もそういうものですよね。次に大事なことをお教えします。多くの古本買取店が値段をきめる基準として綺麗さがあります。本が黄ばんでいたり、らくがきがされていたら読んでいて気持ちいい物ではないですよね。だったらどうやってきれいな状態に保存しておけるのかというのは常識で考えると、まずきちんと本棚にしまうことから始めましょう。本が部屋に乱雑していたりするのは買取がどうとかいう以前の問題です。次に、変色や黄ばみの対策として、直接日光の当たるところにあたらないようにしたり、透明なビニールのカバーをかけましょう。透明なビニールカバーはかけたまま本が読める仕様のものです。ネット通販でも簡単に安く手に入るので多めに買って、買ったらすぐにカバー、という心がけを忘れないようにしましょう。以上で、買取をなるべく高価にしてもらう方法は以上です。誰でもそんなこと分かる、ということが多かったかもしれませんが、多くの人は意識してカバーをしたりしていないと思います。ぜひ実践して高価買取してもらえるよう頑張ってください。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

*